審判の判定基準

フットサル大会に出場する上で、ルールはどうなっているのか気になるところですよね。

もちろん、それぞれの大会で大体のルールは同様であると考えられますが、審判のレベルによってはどの程度の判定を下してくれるのかを確認することが出来るはずです。

私も相模原で行われたフットサル大会での審判の判定基準が分からずうまく自分のプレイをすることが出来なかったこともありました。

フットサル大会に出場する上でも、少しでも有利に進めたいですよね。せっかく出場するのですから、勝ちたいと思うチームがほとんどだと思います。

そんなときに審判の判定基準を確認出来たら、不安要素はなくなるはずです。

では、どのようにしたら審判の判定基準がわかるのでしょうか?それは、試合が始まる前に審判に直接質問をするとある程度の審判のレベルがわかるでしょう。

特にone day 大会と呼ばれる一日で終わる試合形式の場合は、審判のレベルにもバラつきがあると言えます。その審判が果たして初心者なのか、ベテランなのか、それとも今回アルバイトとして雇われただけなのか。それをチェックする方法が「審判に直接質問をする」ということです。

例えば、「スライディングの基準はどうなっていますか?」や、「ブロックをしたときにファールはどのくらいとるのか」などの質問を投げかけたとします。

そこで、あまり釈然としない回答をした審判は初心者の可能性が高いと見てよいと私は思います。逆に、こうしたスライディングやブロックの判定についてをその審判なりの解釈で見解を述べてくれたら経験豊富な審判の可能性が高いでしょう。

初心者やアルバイトで雇われた審判の場合は、サッカーと同じような感覚で審判をする可能性が高いので、そこも含めて戦略を立ててもよいかもしれません。