有名サッカー選手とフットサルの関係

サッカーの名門と呼ばれるような国であっても、小さい頃にはフットサルを行っていたというような選手も多いようですが、フットサルの場合には、サッカーとは異なってフットサル独特の動きがあるという風に言われることが多いわけです。当然のことながらフットサルというものは、コートの大きさや動き方を考えてもどちらかといえば、バスケットボールのように一旦攻めに転じたら全員攻めが基本であるというような考え方をすることが多いため、自分自身のチームのプレイヤーをフリーにするような戦略を練ることが多いという風に言われるわけです。そのため、バスケットボールの試合と同様に戦略を組み立てることが基本であるというふうに聞いたことがあるような気がします。実際、フットサルではサッカーボールよりも小さいボールを使うため、スイートスポットが非常に狭いため、的確にボールの1箇所を受けることができなければ、うまくボールを飛ばすことができないわけです。そして、サッカーのボールと比べてあまり飛ばないように設計されているため、グラウンダープレイが増えるのも当然であるという風に言えるかもしれませんし、サッカーの技術を生かすためにはフットサルのボールにきちんと慣れるのも重要であるという風に言えるのではないかと考えられるわけです。とりわけフットサルの場合にはボールが弾まないということやボールが小さいということよりもプレイヤー自身が機敏に動くということが求められるため、ボールになれるというよりも体を鍛える方がフットサルに順応しやすくなるというふうに考えてもいいかもしれません。それくらいにコンタクトスポーツの中では、体が重要であるというふうに考えて良いのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です