トラップのコツとルックアップ

トラップをする際には、とにかくボールの軌道をきちんと見極めてボールが来るところに体を持っていくのが重要で、足先だけ持って行こうとすると足先をまっすぐ前に向けたままトラップすることができないため、まずは、上半身を動かすようなイメージで体をきちんとその場所に持っていくというような意識を常に保つことが重要である、という風に言っていいかもしれません。足を一歩ずつ前に出しておき、軸足にも重点を置いておくことはもちろんのことボールが転がってきたら少しつま先だけをあげておいて地面とつま先でボールを挟み込むようなイメージを持っておくと、非常に綺麗なトラップをすることができるという風に言えそうです。一方で、軸足にはこの時ほとんど力を入れずに、リラックスした状態を保っておくことも重要だというふうに言えるでしょう。とにかく、ボールを挟むというような感覚は、サッカーなどではなく、ややボールが小さいフットサルならではの感覚であるとも言えますし、段々と慣れていって覚えるしかないことは、確かだと言えそうです。それくらいに特殊な感覚かつ繊細な感覚を持っているのがフットサルである、という風に言っていいかもしれません。基本的な技術としてフットサルには様々な技術がある中で むしろ蹴る技術よりも重要であるという風に言えるかもしれません。それくらいに基礎的ながら当然のことながら足裏を使ったトラップが最もベースにあるフットサルにおいては体のそばにボールを置いておくことで、相手からの動きを阻害することができる効果もあるほか足裏にボールがあることですぐに次のプレイに移ることができるということで臨機応変に全方位からのカットにも対応できることがポイントであるというふうに言えるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です