ミーティングで大切なこと

試合前のミーティングによってフットサル大会での結果は変わってくることもしばしばあるでしょう。

だらだらと話し過ぎても何が本当に伝えたいことなのかが分からなくなったり、周りがうるさい環境だと話に集中できないことだってあります。

そうしたものを整えた上でフットサル大会に臨む前のミーティングを行うとよいと思います。

そこで今回はミーティングを行う上で話しておきたい3つのことを伝えていきます。

まずひとつめは、「すべては結果にある」ということ。チームを引っ張っていく上で大切になってくるのは”共通の意識”だと言えると私は思います。それぞれが「体を動かせればいいや」、「楽しくフットサルをやりたい」など意識が別々の方向を向いている場合、いくら試合に臨んだとしても勝てるものも勝てなくなってしまうかもしれません。

そうしたバラバラの思いをミーティングで意識統一することにより、チーム全体を「勝つ」方向へと導くことができる可能性が増えるのではないでしょうか。

次に伝えたいことは「初戦が重要!」ということです。

やはり予選リーグでの1試合目というのは、大会の行方を左右していくのではないでしょうか。ここで負けてしまうと、モチベーションも最初のうちに下がってしまうので、なかなかモチベーションを保つことも難しくなると私は考えます。

そして最後に伝えたいのが「攻めと守りの切り替えを早くできるようにする」ということ。

フットサルチームに所属しているメンバー全員の好守の切り替えが早くなれば、その分強さも底上げできるはずです。

こうした意識をミーティングで高めていくことで、メンバー全員の心にもしっかり落とし込み、試合に臨むことができます。

ぜひミーティングはこうした3つのことを大切にしてほしいです。

また環境を整えるのは試合前のミーティングだけでなく普段の練習でも言えることではないでしょうか。

フットサルを渋谷でするなら東京体育館フットサルコート

フットサルを相模原でするならルネサンス橋本フットサルコート

フットサルをみずほ台でするなら埼玉スポーツセンター

フットサルのコートや設備がしっかりと整っている練習場を探し練習環境をしかりと整えることもミーティングしかり試合に勝つための大事な要素の1つだと思われます。